楽天証券と楽天銀行の口座は同時開設するべき3つの理由と注意点

人生の知恵

楽天証券は,投資信託やETFの売買手数料が業界最低水準楽天ポイントで投資できるなどのサービスが充実した今最も勢いのあるネット証券会社です。

僕は2017年にSBI証券で投資デビューしてからずっとSBI証券にお世話になってきましたが,SBI証券では海外赴任時のサービスがあまりよくないことを知ったので楽天証券の口座を新たに開設しました
詳しくはこちらの記事をご覧ください。

銀行口座はいくつか持っているので,このタイミングで楽天銀行も開設するか迷ったのですがとりあえず開設してみました。
結論は,同時開設はマジでおすすめです。

この記事では楽天銀行も同時開設するべき理由を解説します。
また楽天証券についていくつか注意するべき点もあるので,併せてお伝えしておきます。

この記事はこんな人向けです:

  • 楽天証券で口座開設するつもりだけど楽天銀行を開設するべきか迷っている人
  • 同時開設するメリットを知りたい人
  • 楽天証券について注意するべき点を知りたい人

Nontan
Nontan

楽天のサービスは充実してますよね

楽天証券と楽天銀行の口座は同時開設するべき3つの理由

楽天証券と楽天銀行の口座を同時に開設するべき理由は以下です。

  • 入力や本人確認書類の対応の手間がかなり削減できる
  • マネーブリッジやハッピープログラムなどのサービスでメリットが大きい
  • キャンペーンでポイントや現金がもらえる

以下で解説していきます!

入力や本人確認書類の対応の手間がかなり削減できる

やはりメリットが大きいのは手間の削減ですね。
当然ですが同時開設した方がそれぞれ別に開設するよりも手間は少ないです。

これは楽天銀行と楽天証券の間で登録情報を共有できるからです。

楽天銀行の口座開設の手順についてはこちらの記事にまとめていますが,個人情報の入力項目が結構多いです。

そのうえ運転免許証などの本人確認書類を提示をどうするかなども考えなければなりません。
1つの口座だけならまだしも,銀行と証券の口座をそれぞれ別に開設するとなるとちょっと大変そうですよね。

ですが,楽天銀行と楽天証券は違います。
楽天銀行の口座開設時に「楽天証券口座」の申し込み画面で「申し込む」を選択するだけでOKです。超カンタンですね。

楽天銀行HP 同時口座開設キャンペーンページより

本人確認書類は楽天銀行に提示した免許証などの情報が自動的に楽天証券にも共有されます。
なので本当に1回の手続きだけで2つの口座を開設できます

楽天証券も同時開設を申し込むと,楽天銀行から以下のようなメールが届きます。

(前略)お客さまは楽天銀行口座申込と同時に楽天証券口座もお申込いただいておりますので、これより楽天証券に楽天銀行申込時のお客様情報を提供し、口座の開設手続きを進めさせていただきます。
以降の楽天証券口座開設の案内につきましては、楽天証券よりご案内致します。(後略)

楽天銀行からの口座開設時のメールより

そして次に楽天証券から来たメールでは口座が開設したという連絡が来ました。

本当にカンタンなので,迷っている人は申し込んでおくとよいでしょう。
口座維持手数料は無料ですし。

ちなみに楽天証券口座を開設するなら「特定口座を開設する(源泉徴収あり)」を選んでおきましょう。
確定申告が不要になるのでおすすめです。

マネーブリッジやハッピープログラムなどのサービスでメリットが大きい

楽天証券と楽天銀行を同時開設すると早い段階からマネーブリッジが活用できておトクです。
マネーブリッジの概要図は以下ですね。

マネーブリッジのサービス説明 楽天証券HPより

まず楽天銀行の普通預金の金利が0.10%(税引き前)に跳ね上がります。
ゆうちょ銀行の金利が0.001%なので100倍ですね。

仮に300万円を1年間普通預金として預けておくだけでも2,370円の利息がもらえてしまいます。

これだけでも十分おすすめできますが,自動入出金(スイープ)という機能もあります。
投資用の資金は必要な分だけ楽天銀行から勝手に入金されますし,余った資金は自動的に楽天銀行に払い出しされますので,0.10%の金利を十分に享受できます。

さらに楽天証券で取引すると額に応じて楽天ポイントが貯まります(ハッピープログラム)。
たとえば投資信託の場合,残高10万円ごとに4ポイントがもらえますね

積立投資によって投資額だけでなく楽天ポイントも積み上がるなんてすごいシステムです。

このように楽天銀行と楽天証券の連携は非常にメリットが大きいので,口座開設の時点から同時に開設・連携させておくのが得策といえます。

キャンペーンでポイントや現金がもらえる

楽天銀行と証券は同時開設することでポイントや現金がもらえます

たとえばこちらの楽天銀行のキャンペーンですが,楽天証券も同時に口座開設するともれなく2000ポイントがもらえます。
時期によってもらえるポイントの額に変動がありますが,基本はいつでも大体1500~2000円分相当のポイントか現金はもらえる印象です。

楽天銀行HP キャンペーンページより

僕も2020年7月に楽天銀行と楽天証券を同時開設しましたが,当時のキャンペーンを適用させて1000ポイント(期間限定ポイント)と現金1000円がもらえました。
奥さんと一緒に開設したので,2人で合計4000円分相当ですね。

開設されるならキャンペーンにはとりあえずエントリーしておくといいですよ!

楽天証券と楽天銀行を同時開設するうえでの注意点

同時開設するとメリットがたくさんありますよという話をしてきましたが,注意するべきことがあったら事前に知っておきたいですよね。

デメリット=「損をする」あるいは「損をする可能性がある」と捉えて考えたり調べたりしてみましたが,同時開設しても損することがないので正直ほとんど注意点はありません
そんな中で思いついた1点だけ挙げておきます。

キャンペーンの適用条件には注意

上で同時開設すると現金かポイントがもらえるキャンペーンを適用させるとよいとお伝えしましたが,適用条件には注意してください

例えばこちらの楽天証券口座を開設すると現金1000円プレゼントというキャンペーンは毎月実施されており,まれに1500円プレゼントになったりします。

楽天銀行HP キャンペーンページより

1000円よりは1500円がほしい!と9月末頃に思い立ち,急いで9月30日までに口座開設を申し込んだとしても,実際に開設されるまでにはタイムラグがあって口座開設は10月にずれ込むということがあります。
(最近はネット証券口座を開設する人が増えているので結構時間かかります)

そうすると,上の第79回にエントリーしたのに適用条件を満たせなかった,1500円はもらなかったということが起こり得るので注意してください。

ちなみに本当に10月にずれ込んでしまった場合は,第80回のキャンペーンに改めてエントリーし直しましょう
こうすれば少なくとも現金1000円はもらえるはずです。

自動的に第80回にエントリーされるということはないので,もしエントリーせずに放置していたらキャンペーン適用外となり現金プレゼントはありません

他にもキャンペーンの適用条件は細かく書いてあるのでよく読んでおくとよいでしょう。

まとめ:楽天銀行と楽天証券の同時開設はやらない理由がない

楽天銀行と楽天証券を同時開設するべき理由と注意点についてまとめました。

開設時の手間が少なく,現金やポイントがもらえ,開設後も預金口座はずっと高利息で維持手数料もかからないです。

こうなるとやらない理由がないですね。
楽天証券で投資デビューをお考えの方は楽天銀行の開設はマストと思ってよいでしょう。

ちなみに楽天証券は海外赴任があっても口座を維持できます。
他の証券会社との対応の比較をまとめた記事を別に書いていますが,楽天証券だけが口座維持に積極的です。

この辺りも楽天証券がおすすめできる理由の一つです。
よろしければこちらも是非お読みください。

最後までお読みいただきありがとうございました!

コメント

タイトルとURLをコピーしました