資産運用始めるならまずシミュレーションしてみるべき理由【目標を立てて複利で増やす】

資産運用

僕が資産運用を始めたのは2017年頃です。
そこから投資信託を中心にコツコツ購入していき,1400万円以上の金融商品を保有するようになりました。

そんな僕が,これは早い段階からやっておけばよかったなと思うことがあります。
それは資産運用のシミュレーションです。

毎月どのぐらい投資し続けたら10年でこのぐらいの成績になるとか,そういう試算結果が得られるアレです。
投資未経験者も一度は見たことあるのではないでしょうか。

この記事では,

  • 投資未経験の方
  • 資産運用に興味あるけど何から始めたらいいかわからんという方
  • 老後資産を今から準備しておきたい方

という人向けに,シミュレーションを早い段階からやっておいた方がよい理由をまずお話しします。
次に実際にどんな感じでやればよいのかについて楽天証券のシミュレーションの例を使って解説したいと思います!

Nontan
Nontan

お手軽にできるのでまだの方も経験済みの方もぜひ!

資産運用始めるならまずシミュレーションしてみるべき理由【目標を立てて複利で増やす】

実際に運用する前にシミュレーションしてみるべき理由は3つあります。

  • 運用の目標が立てられる
  • 複利で増える効果が絶大であることを理解できる
  • シミュレーションするだけなら無料

運用の目標が立てられる

これから資産運用を始めるのであれば,投資の目的や目標を明らかにしておくことを強くおすすめします。

つまり,自分はなんで資産運用をやるのか?です。

普段の生活をよりよくしたいため?
ライフイベントに合わせてまとまったお金を使いたいから?
将来的に経済的自由を得たいため?
老後が不安だから?

これをまず最初に自分の中で明確にしておくとよいです。
そうすると次にじゃあ○歳までに○○万円を貯めていたいとか,どんな種類の商品を買ったら達成できるかなとか,具体的な実行プランを考えられるようになります。

そしてこれをもとに毎月/毎年の投資額を検討する際に,シミュレーションが非常に役に立ちます。

つまりゴールを達成するためにはどんなペースで積立をすればよいのかをシミュレーションは教えてくれるのです。
また,仮に設定したゴールが高望みだった場合でも,シミュレーションすることによって自分の設定したゴールを修正することができます。

逆に何もツールを使わずに試算しない状態だと,最初に立てた目標と毎月の投資額にギャップが生まれる恐れがあります。
せっかく最初に立てた目標が単なる皮算用になってしまうのです。

このように,シミュレーションは自分の目標をより強固なものとして設定するためのツールということになります。

僕はこれをやらずになんとなく資産運用を始めました。
結果的に投資成績は悪くはないのですが,自分や家族も含めたポートフォリオに一貫性がないんですよね。

機を見て自分の目標に合わせて修正していこうと思います。

複利で増える効果が絶大であることを理解できる

複利とは,ある期間で投資した際の元本に対する利息を再度投資することで元本が増え,またその利息を再度投資して…と繰り返すことで雪だるま式にお金が増えていくことです。
「人類の最大の発明」とアインシュタインが豪語するほど複利の効果は絶大です。

この複利ですが,なんとなくすごそうだという印象を持ったとしてもどのぐらいすごいのかいまいちピンと来ませんよね。
シミュレーションするとそれを簡単に体感することができます

これは具体的な数値を見た方がわかりやすいと思うので後半で実際にいくつか例を示します。

複利の効果を改めて数字で確認することで,投資の基本である長期的に取り組むことの重要性が理解できます
複利は投資期間が長ければ長いほど威力を発揮しますので,市場の景気の変動に動搖して焦って短期的な売買をしてしまうことを予防することにつながります。

早い段階で基礎を学んでおくというのが資産運用の世界では特に重要です。

シミュレーションするだけなら無料

そしてシミュレーションはどれだけやっても無料です。
妄想を膨らませまくりましょう。

無料であることのメリットは,いろんな条件を好きなだけ試せるということです。

実際には運用成績がいいときもあれば悪いときもあります。
なので,ワーストではこのぐらいかなとか,最高に成績が良ければこのぐらいも期待できるなとか,いろんな状態を想定した上で金融商品を選ぶことができます。

資産運用シミュレーションのやり方【楽天証券がオススメ】

それでは実際に資産運用のシミュレーションをやってみましょう。

大体の証券会社のホームページでシミュレーションできるようになっていますが,おすすめは楽天証券の積立かんたんシミュレーションですね。
直感的に操作できて誰でもすぐにできますし,目標額から逆算して毎月の投資額を計算できるなど,様々な目的で試算できます。

例えば,毎月5万円を10年間,リターン(期待する利回り)5%で積み立てた場合,7,764,114円と一瞬で計算されました。
投資元本が600万円なので,176万ほどのリターンが得られることになりますね。(税金は考慮していません)

今度は,例えば目標として1000万円を10年間で資産形成したいとします。
リターンは4%として計算させたところ,毎月68,000円を積み立てる必要がありますね。

毎月7万弱の拠出はつらいなーと思ったら,目標を変えることを考えましょう。
その時に条件をいくつか並べてシミュレーションすることができます。これが便利。

10年後に1000万でなくてもいいのであれば,少し目標額を減らして500万と700万にしたところ,月々の積立額がそれぞれ34,000円,48,000円となりました。

あるいは10年後という部分にこだわりがなければ投資期間を15年としたり,リターンを5%にしたりすることも可能です。

こんな感じで,目標とする資産額と現実的な積立額のバランスを上手くとることができるのです。

さらにそれぞれの積立条件について,過去の成績が期待するリターン以上の投資信託を紹介してくれています
自分に見合った積立条件が見つかったら,そこから投資信託のページに飛べばオススメの投資信託をすぐに見つけることができます。

先程の4%リターンの条件からだと以下のような検索結果となりました。
僕もお世話になっているニッセイ外国株式インデックスやeMAXIS Slimシリーズのインデックスファンドが出てきましたね。

もちろん過去の成績が良かったからと言って今後の成績も保証されているわけではありません。
最終的な購入の判断は自分自身でするべきです。

ただ何度か条件を変えて試していますが,それなりに実績があって今後の成績も期待できそうなファンドが上位表示されることが多かったです。
したがって必ずしもこのオススメを元に考えてみるのも悪くないとは思います。

まとめ:定期的にシミュレーションしてみましょう【新たな発見があるはず】

これから資産運用するならまずはシミュレーションした方がよい理由と,実際のやり方を説明しました。

では最初にやってみてそれで終わりでいいのでしょうか?
それは違います。

シミュレーションは資産運用中の方も定期的に行うのがよいのです。
自分の目指している目標や自分の置かれている環境がずっと変わらないのであれば不要かもしれません。

でもそんなことないですよね?
結婚して子供ができてというライフイベントだったり,様々な経験をしていく上で新たな価値観が生まれて目標を変えることもあるでしょう。

今の世の中は目まぐるしく変化しているので,自分の考え方や価値観が変わることはおかしいことではありません。
むしろ変えることで環境に適応しているのです。

資産運用においても定期的に目標を見直したりシミュレーションし直すとよいでしょう。
このままでよいのか,それとも環境や価値観に合わせて変えたほうがよいのか考えるといいですね。

ある程度経験してからシミュレーションしてみると,見方が変わってまた違った新たな発見があるはずです。

これから投資を始める方や,既に運用中の方にも参考になったのであれば幸いです。
最後までお読み頂きありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました