楽天カードをメインのクレカとしておすすめしない3つの理由

人生の知恵

楽天カードは,2019年度日本版顧客満足度調査のクレジットカード業種において11年連続で第1位を獲得・カード会員数が2000万人突破と,大人気のクレジットカードです。

昨今では電子マネーの普及やマイナポイントの導入にもあり,メインのクレジットカードとして楽天カードを検討している方も多いのではないでしょうか。

ですが,僕は楽天カードをメインのクレジットカード(メインカード)としておすすめしません
サブカードとして発行するといいかなと思います。

そこでこの記事では,なぜ僕が楽天カードをメインカードとしておすすめしないのか理由を解説します。
併せてサブカードとしての使い方や,僕が使っているメインカードをご紹介します。

この記事はこんな人向けです:

  • メインカードを楽天カードにしようか迷っている人
  • なぜ楽天カードはメインカードとしておすすめできないのか知りたい人
  • 楽天カードの良くないところ,デメリットを知りたい人
  • メインカードを選ぶときの考え方を知りたい人
Nontan
Nontan

楽天カード自体はサービス満天なので気に入っていますよ!

楽天カードをメインのクレカとしておすすめしない3つの理由

僕が楽天カードをメインカードとしておすすめしない理由は以下です。

  • ETCカードが有料だから
  • ダサいと思われるから
  • 街中で使ってもポイントがあまり貯まらないから

順番に解説していきます。

おすすめしない理由①:ETCカードが有料だから

1つ目の理由は,ETCカードが有料だからです。

まず前提として,あなたがメインカードに求めるものは何でしょうか?
僕は以下のように定義しています。

僕がメインのクレジットカードに求めるもの:

  • 年会費無料(家族カード・ETCカードも含む)
  • 生活の9割以上の支出をまかなう
  • 明細を見れば月の支出が大まかにわかる(=明細が家計簿になる)
  • デザインはシンプル
  • ポイント還元率は1%以上
  • できれば海外旅行保険が自動付帯

生活のほとんどの支出をメインカードに集約すると明細が家計簿代わりになります
家計簿をいちいち付けるのがだるいので,奥さんにも家族カードを渡して集約しています。

車はそれなりに乗るのでETCカードも必要ですが,高速料金もこの明細に集約したいのでETCカードはメインカードと合わせることになります。
その点で,楽天カードはETCカードが年会費550円かかってしまいますね。

正直大した金額ではないのであまり気にはならないのですが,「世の中には他にETCカードも無料でつくれるカードがある」という事実を考えると,楽天のETCカードを積極的に選ぶ理由がない気がしませんか?

ちなみに楽天ポイントを普段から集めていて楽天Point Clubの会員ランクが「ダイヤモンド会員」か「プラチナ会員」の方はETCカードの年会費無料だそうです。
会員条件をキープできるという方にはデメリットにならないかもしれませんね。

おすすめしない理由②:ダサいと思われるから

楽天カードをメインカードにおすすめしない2つ目の理由はダサいと思われるからです。

ご注意いただきたいのは,ダサいからではありません
僕は楽天カードをこれまで一度もダサいと思ったことはないです。

あ,でもごめんなさい,パンダデザインはダサいかも…
シンプルなデザインであれば見た目はそこまでダサくないと思いますね。

楽天カード
楽天カード(シンプルデザイン)出典:楽天カードHPより
楽天カード お買いものパンダデザイン
楽天カード(パンダデザイン)出典:楽天カードHPより

おそらく見た目というよりは,楽天カード所有者は「ポイントを集めることに執着があるように見えてセコそう」とか「審査が甘くて誰でも作れるので低ステータス」というようなイメージがあり,それがダサいにつながっているものと思います。

さてここが重要なのですが,楽天カード所有者は実際にはダサくないのに,街中で提示するとダサいと思われるんですよ。
もうそれだけで持ち歩くのはなんかためらいたくなりません

現実問題として,世の中にダサいと思う人が一定数いるんです。
実際に奥さんに「楽天カードってダサい?」と聞いてみたら「ダサい」と言われました。

これはつまり,自分は何も悪くないのに楽天カードを提示するだけで横にいる人からダサいと思われる可能性があるということです。

こんなのはネットの情報だけで虚構かもしれません。
最近はイメージも変わってきているのかもしれません。

でも何かありますよね?
目には見えない楽天カード=ダサさの象徴のようなイメージが。

それであれば,街中では楽天カードの使用は避けて他のカードを使っておく方が無難じゃないかなと思います。

何度も言いますが,楽天カードは人気も高くてサービスも最高,いいカードだと思います。
ですが,自分の知らないところで自分の株を勝手に下げるカードを持ち歩くのは,僕は釈然としないです。

あなたはどうでしょうか?
特に全然気にならないなら楽天カードをガンガン使ってもいいと思いますよ。

おすすめしない理由③:街中で使ってもポイントがあまり貯まらないから

楽天カードをメインカードとしておすすめしない3つ目の理由は,街中で使っても楽天ポイントはあまり貯まらないからです。

楽天カードのポイント還元率は基本1%です。
つまり1,000円の買い物をすると10ポイントですね。

上で挙げたメインカードに求める条件に一応合致しているので悪くないとは思います。
一方で,効率があまり良くないのも事実です。

例えば僕の場合でいうと,奥さんと息子の3人での食費は大体月平均が6万円ぐらいです。
これを楽天カードで全て支払ったとして,もらえるのは600ポイントということになります。

楽天市場でのネットショッピングの場合,5%ぐらいの条件はすぐに達成できるので12,000円の買い物をすればそれだけで600ポイントです。
街中での使用で楽天ポイントを貯めるのは効率が悪いんですよね。

効率を上げる方法として,例えばENEOSで給油して楽天カードで支払うと1.5%相当の楽天ポイントがもらえます
ですが,そのために遠くのENEOSに行かなければならなかったり,そもそもENEOSよりも安く給油できるガソリンスタンドがあったりしたら結局損ですよね

街中で楽天ポイントを無理に貯めようとしない方がいいです。

楽天カードはサブカードとして作っておくのがおすすめ

それでは楽天カードはどのように活用したらよいのでしょうか。
僕はサブカードとして使うことをおすすめします。

これまでのお話はすべてメインカードとしておすすめできないというスタンスでした。
ですが,楽天カードは使い方次第で楽天ポイントをザクザク貯めることができるので,使う目的を2, 3点に絞ったサブカードとして作るなら万人におすすめできますね!

楽天カードをサブカードとしてポイントを効率的に貯める方法は以下の記事で解説しています。

これなら持ち歩く必要もないので,基本的に家に保管しておけばOKでしょう。

街中で楽天ポイントカードを提示するから持ち歩くのは必要じゃない?と思われるかもしれませんが,アプリでいいと思いますよ。
財布もスッキリして一石二鳥ですね。

おすすめのメインカードはオリコカード

ちなみに我が家のメインのクレジットカードはオリコカードです。

Orico Card THE POINT(mastercard、JCB)
出典:オリコカードHPより

冒頭の条件をすべて満たし,貯まったオリコポイントはamazonポイントをはじめ様々なポイントに等価で交換できるのが魅力です。
特にオリコ→amazonポイントの交換は,使いたい!と思ったら5分ぐらいの手続きだけですぐに交換できるところが気に入ってますね。

ポイント還元率は楽天カードと同じく1%なので,効率はあまり高くないのは事実です。
どちらかというとメインカードでは効率よりもポイントの使いやすさを優先している感じですかね。

楽天カードをメインにすると楽天ポイントが貯まるので,それをamazonに使うことはできませんし。

最近は半年くらい使ったら勝手に7~8000ポイントぐらい貯まっているので,それで奥さんや子供に何かamazonで買ってあげるというスタイルが定着しつつあります。

普段使いのクレジットカードはポイントにこだわらず,使いやすさも考慮するといいかなと思います。

まとめ:メインカードは自分の性格やライフスタイルに合うカードを選ぼう

楽天カードはメインカードとして使うのはおすすめしない理由をお話ししました。

いろいろ述べましたが,結局メインのクレジットカードは自分の性格やライフスタイルに合ったものを選べばいいです。
僕は楽天カードはサブカードとしておすすめしますが,あなたが楽天カードでいいじゃんと思うのであればそれが正解です。

また,この先もずっと同じカードを使い続けなければならないなんてことは全くありません
ライフイベントや環境が変わった節目の時に見直してみるのもいいかもしれませんね!

参考になった部分があったのなら嬉しいです。
最後までお読みいただきありがとうございました!

※楽天カードは僕も最近作ったのですが,作るだけでも5,000ポイント以上はもらえるので全国民が作っておいて損はないカードだと思います。
まだの方は以下もご覧ください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました